サイトメニュー

パンチラとは

チラリズムは元々、1951年の流行語。女優の浅香光代が舞台での立ち回りの際に太腿をチラリと見せたことから発生した語句であり、「ちょっとだけ見えることから気づかれていなかった欲求を励起し、想像力がかき立てられる」といった効果を引き起こすもの。
広告・演出手法で言うところの、「ティーザー」(teaser・焦らし)が該当する。
そこから転じて、パンチラとは主に男女や状況などを特に限定せず、「意識してモロに見せる」のではなく「見せるつもりはないが、何らかの事情でちょっとだけ見えてしまった」ものを意味する。
ただし、「極端に短い」「ある程度パンツが見えてしまうのは覚悟の上のミニスカート」「極端なローライズのジーンズ」など、明確な区分は難しい。
また、チラリどころではなくモロに見えてしまっているような状況を「パンモロ」と呼ぶ場合がある。
ズボンから下着がはみ出して見える状態は指さず、もっぱらスカートについて、しかも裾がめくれて見えている状態のみを指す。

カンパイ系

癒し系

在宅系

サロン系

Copyright (C) パンチラ求人 Allright Reserved.